ダイエット

10キロ痩せた時の見た目の変化|痩せるための方法と一緒に写真付きで紹介

本当におすすめの ダイエット3選

あの頃から10キロも太ってしまった、10キロ太る、10キロ痩せるとどれくらい見た目変わってしまったんだろうという疑問等あるかと思います。
そんな疑問を今回は解決させていただきます。

10キロの脂肪について

まずは10キロ痩せるためには
10キロの脂肪を落とす必要がありますよね。
そこで10キロの脂肪がどれくらい大きいのかということを確認しましょう
そうすることで、私はこんなに脂肪をもっているのか。。ということにより危機感をおぼえるはずです。

3キロでこの大きさです。。。
10キロとなるとこれ3つ分でもたりないんですよね。。。
どれくらいやせなけばならないか想像できましたか?

脂肪と筋肉の重さの違い

そして脂肪と筋肉は重さがかなり違うのでその点も含めていきましょう。
体は自分より小さいのに体重が重い人がいるというのはそれが原因です。

比較図はこちで確認ができます

10キロ痩せた時の見た目の変化について

10キロ痩せるとどれくらい見た目に変化があるのかというと
まず、他人から見ても「あ、めっちゃ痩せたね!」っていってもらえるくらいに痩せることができます。
通常2~3キロ程度の体重の減少では気付いてもらうことは難しいのですが
5キロ以上痩せてくると、周りがきづきだします。あ、あの人やせたなぁって
ただし10キロやせるというのは数字的なものであり、痩せ方によって見える痩せ方は大きく異なってくるのでタイプ別の痩せ方を紹介していきましょう。

みてください10キロ太る前と10キロ痩せたときの変化を

ただし10キロ痩せるといても、痩せかあによって痩せ方具合は大きく変わっていきます。
痩せ方の特徴事に解説をさせていただきます。

有酸素運動中心の10キロ痩せの見た目

ダイエットといえばこの痩せ方が一番健康的な痩せ方になりますよね
マラソンランナーを見るとイメージしやすいかもしれませんが、走ってやせるのが一番細くなるには効果てきです。ただし急な運動をするとと人によっては膝をいためてしまうので、自分の身体と相談しながら有酸素運動をするようにしてください。
膝の負担を減らしたい人は、水泳などもおすすめです。
ただし水泳をすると肺活量がきたえられてしまうため、胸板が熱くなりやすいのがネックです。

食事制限中心の10キロ痩せの見た目

食事制限で10キロ痩せる方法が実は一番簡単で、短期間で結果をだすことができます。
見た目の変化としては全体的に痩せていくので、顔も徐々に痩せていくのがわかります。
お腹の脂肪についてはけっこう取れにくいのですが。10キロ痩せるとお腹周りもだいぶ細くなります。

筋トレ中心の10キロ痩せの見た目

筋トレを中心にして10キロ痩せるのは、かなりの努力が必要です。
なぜなら筋トレをすると筋肉のほうが体重が重いことから人によては体重として太ってしまうかもしれません。
ただしこれは脂肪が筋肉にかわっているというプラスの面があるため、体は引き締ま手見えます。

10キロ減ダイエット体験談

わたしが10キロダイエットをするきっかけとなったのは激太りをしてしまったことが原因でした。
どうにかしてやせなければならにと思った結果から、まずは食事制限と有酸素運動から始めました。

食事制限について

食事制限の内容は、朝キャベツを食べて、昼もキャベツとお肉、夜はキャベツと味噌汁。といった極力カロリーをとらないカロリーカットの食事制限を行いました
効果としては大きくあり。2週間ほどで5キロくらいは減りました。がすぐにリバウンドしてしまったので一旦辞めましたね
次に行ったカロリー制限は炭水化物ダイエットです。カロリー制限と同様にかなり大きな効果があり3週間で5キロ以上がおちました。
ただこれもリバウンドをしてしまったため、現在はなるべくストレスのかからないように夜はたべないようにするといった形でお昼は美味しく食べています。

運動・筋トレについて

主に行った筋トレは下半身の筋トレを中心におこないました。
実はパーソナルジムに通ったこともあり、人の筋肉でもっとも大きい箇所は太ももの部分となることからスクワットで足腰をきたえぬきます。
足が太くなるのが嫌という方もいるかもしれませんが、少し鍛えたくらいでは足は太くならないので安心して鍛えかてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?
今回は10キロ痩せるためのダイエットについて紹介をさせていただきました。
効果のあるダイエットはひとそれぞれあありますが無理なくできるようにしていきましょう。