ダイエット

EMS|効果なしの理由!ダイエット効果から腹筋と顔・足への作用と消費者庁の指摘も合わせて解説

EMS効果なしの理由

EMSといえばSIXPADなどお腹に貼って、お腹をシェイプアップするために使う機器というイメージがありますよね。
ただ、本当に貼って電気刺激を与えるだけで、本当に効果があるのか、痩せることができるのか疑っている人も少なくはないと思います。
今回はEMSについて調査をした結果について紹介をさせていただきます。

効果なしの理由

  • 脂肪が多い
  • 生活習慣の問題
  • 使い方の問題
  • 腹筋が割れない
  • EMSの問題
  • 体重が減らない

効果なしの理由として上記のことが原因としてあげられます。それではひとつひとつ効果がないと言われる理由について解説をしていきます。

脂肪が多いために効果がない

EMSは電気刺激を与えて筋肉に刺激を与えて筋収縮を強制的にさせるものです。
EMS(電気)の特徴として脂肪(皮下脂肪)には流れにくく、筋肉には流れやすいという特徴があり
皮下脂肪が多いと筋肉までに届かないため、効果が半減されてしまうのです。
そのためEMSはメタボ体質の人や太っている人が使うと効果が半減してしまいます。
ダイエット効果を期待してEMSを使う場合、家庭で使用されているEMSでは筋肉の表層までしか届きません。
EMSの専門店で使われているEMSは筋肉層まで届くように改良がされていて。浅い部分の筋肉から深い筋肉まで筋肉収縮させて引き締め効果をだすものを使用されているため
家庭用のEMSで効果がなかったという人は一度試してみることがおすすめです。

脂肪が多いときの対処

家庭用のEMSでEMSの効果を上げたいときは、EMSを使いながら皮下脂肪を少なくしていくことも同時で行うことがポイントになります。
皮下脂肪を落とすための方法としては、運動から食事制限をすることで皮下脂肪が少なくなりEMSの効果があがります。

生活習慣の問題

EMSを使っているけど効果がないと言っている方の生活習慣に問題があるというケースです。
EMSを使っている期間も食事をたくさんとっていたり、不規則な生活、運動をまったくしない生活を行っていれば筋肉は衰えていきます。
EMSはあくまで筋肉のサポートをするものになるので、普段の生活が悪ければ効果としては全く感じることはできないでしょう。
EMSを使っているからと過信をせず、正しい生活をしながらEMSを活用するようにしましょう。

使い方の問題

EMSの効果がない原因の一つとしては使い方が間違っているということがあります。
説明書をよく見ずに使用すると本来の性能が発揮されないため、説明書はしっかり見て使用をしましょう。
ポイントとして、EMSを貼る場合のパッドが剥がれないようにしたり、パッドと体に間に隙間ができないようにしましょう。
その他にも使用後の手入れや交換をしていないことなども効果がでない原因の一つになるので、メンテナンスもしっかり行いましょう。

腹筋が割れない

EMSで腹筋が割れないから効果がないという声もあります。
その原因は単純に、まだ皮下脂肪が多いことがあげられます。
EMSは筋肉への刺激を与えてくれるもので、皮下脂肪の燃焼の効果はないため
皮下脂肪を減らすためにはEMSと合わせて、運動や食事制限を行う必要があります。
腹筋はもともと割れているので、鍛えるより脂肪を燃焼させたほうが、腹筋を見た目上割りたいなら皮下脂肪も同時に減らす努力をしましょう。

EMSの問題

あなたの使っているEMSは何を使っていますか?
EMSは大量に質の悪いものが安値で売られているため、それらのEMSの問題が考えられます。
高ければいいというわけではありませんが。安いEMSだと大きな効果を期待することは難しいです。
質の悪いEMSは周波数の性能が悪く、筋肉までに届かないEMSもあります。
ものによってはジュエルなど交換ができる使い捨てというものもあるので

なるべくEMSの効果を期待したい場合は専門的なEMSを使うようにしてください。

体重が減らない

EMSは筋肉発達のサポートを行ってくれるものです。
筋肉の発達が期待することはできるのですが、EMSを行えば体重燃焼効果があるというものではありません。
EMSによって筋肉が発達はしますが、直接的にすぐに痩せはしません。
そして筋肉は脂肪より重いということから、体重が逆に増えることもあります。
ただ筋肉が発達をすることで基礎代謝などの燃焼効果が高くなり、のちのち体重が落ちていったり
体のラインはすっきりとしてくるのです。

ダイエット効果

  • 筋肉を鍛える効果
  • 基礎代謝量のアップ効果
  • 筋肉量のアップ効果

EMSによるダイエット効果は上記の効果を期待することができます。
EMSの正式名称は、Electrical Muscle Stimulationといいこの略称がEMSです。日本語にすると電気的筋肉刺激という意味となりそのまま電気で筋肉を刺激してくれるという効果があります。
そしてこの効果でお腹が引き締まるということでブームになり、SIXPADなどは有名な選手や著名人を活用しても有名です。
どんな効果があるのか具体的に解説をしていきます。

筋肉を鍛える効果

EMSの一番に期待できる効果として筋肉を鍛える効果があることが期待できます。

本来私たちは、腹筋やランニングなど体を動かして筋肉を鍛えます。
この筋肉を鍛えるには筋肉を動かし、筋収縮を起こすことが必要です。この筋収縮は私たちの脳が中枢神経を通し部位電位として筋肉を動かします。
そしてこのEMSは脳からの命令をショートカットして直接筋肉に動かして筋収縮をさせる命令をおこしてくれます。
そのため、うまく筋肉を動かすことができない人や、リハビリとしてEMSは非常に有効なものとして使われています。

基礎代謝量のアップ効果

EMSは前述の通り筋収縮をサポートしてくれるアイテムです。
筋収縮を多く行うことで筋肉の発達され基礎代謝量が大幅に上がります。

1日のエネルギー消費量はおおきく分けて基礎代謝量・食事誘発性熱産生・身体活動量によってエネルギー消費量が決まります。
EMSで筋肉が発達し基礎代謝がアップしエネルギーの消費を期待することができます。

そのため体重を落とすのにも関節的に貢献をしているという形になります。

筋肉量のアップ効果

筋肉を強制的に動かしてくれるため、強制的な筋トレ効果はあります。
ただ、寝ているだけだと効果としては半減してしまいますが、筋肉量のアップ効果を期待できいます。

EMSの効果を最大限発揮させる方法

EMSの効果を最大限発揮する方法としてEMSはつけるだけより
一緒に筋トレをすることで、効率的に筋トレ効果を最大限に発揮させてくれるという結果がでています。

目的としてEMSで痩せるという目的をもつのではなく
筋トレを効率的に行うためのサポートとして使うことが最も効果的なEMSをの使い方になるのです。
そのため、腹筋から足を鍛える時に一緒に使うといいでしょう。

エビデンス

エビデンス(証拠)として上記のように評価がされています。
読み込むのが結構大変になってしまうので簡潔にこのエビデンスの内容を説明すると。


EMSは、臨床の現場で活用されている技術となっている.健常者に対する筋力増強の効果はすでに確立しているが,下肢を中心とする運動器疾患での臨床成績への効果については報告にばらつきがあり,高いエビデンスとはなっていない、こうしたばらつきは,対象とする疾患の重症度や廃用の状態に影響されていると考えられる.最大随意収縮との比較(%MVIC)など刺激強度を確認する方法と,
介入する筋肉の状態を把握したうえでの介入研究の蓄積が求められる.

骨格筋への電気刺激法(神経筋電気刺激法:NMES)の筋力増強効果

このようにリハビリには一定の効果が発揮されるけど、その他に対しての効果は人によってバラバラだということがエビデンス上は結論となっています。
ただし、筋トレをしながらEMSをつかうことで一定以上の効果と効率がよくなることも証明はされているため
EMSを使うときは一緒に筋トレを行うことを推奨します。

科学的にも効果があると証明

その科学的に証明もされていて、ビジネスジャーナルからもEMSの効果が記載されているのでこちらも参考にしてください。

カナダとデンマークの研究者チームが行った実験で、健康な若い男性を対象に、まず片足を合計210回、何回かに分けて屈伸してもらいました。
太ももの筋肉(大腿四頭筋)を鍛えるためのトレーニング・マシンを使ったそうです。そのあと、反対の足に電気筋肉刺激を同じ回数だけ行ったという実験です。
筋肉の一部を両足から採取して電子顕微鏡で観察したところ、電気筋肉刺激を行ったほうの足で、筋肉細胞の破壊が激しかったと結論しています。

ビジネスジャーナルより

この論文で重要な箇所が、
電気筋肉刺激を行えば、筋肉細胞の破壊が激しいという結論となっていますが、市販されているEMS機器の効果ではないということです。
注意すべきは、ちゃんと認可が降りていない機器は注意をしなければならないということ、未認可の機器を使うと火傷などの怪我のおそれがあるということです。
そして米国連邦取引委員会の警告が

・汗をかかずに痩せる方法はない
・お腹やお尻の脂肪を取るには、ダイエットと運動しかない
・説明文をよく読むと、「カロリー制限も一緒に行うこと」と必ず書いてある
・使用前、使用後の写真に騙されないこと
・カタログに書いてあるカスタマーサービスに電話をしてみること。もし親身な対応をしてもらえなければ、購入はやめたほうがいい

ダイエット・筋トレ機器EMS、米国で皮膚障害の注意喚起、効果示すデータなしと指摘

このような形で結論がとられています。
そのためEMSは寝ているだけではなく。運動と一緒にやることが効果を出す方法といわれています

EMSは週3日という実施頻度でも十分に下肢の筋力トレーニングとしての効果が得られることが示唆された。

骨格筋電気刺激の実施頻度の違いが下肢の筋力トレーニングに与える影響

日本理学療法士協会からもEMSの効果があることが示唆されていることから、全くの効果がないということはないという結論がでてきます。

一般的なレジスタンス運動やジャンプトレーニング中にEMSを付加することで,大きなトレーニング効果(最大筋力の増大)を得られることが報告されている。
さらに,有酸素運動中にEMSを付加することによって,EMSに特異的な代謝応答を誘発するといった新たな運動形態も発案されている。

ウェアラブル小型電気刺激装置による筋疲労特性と筋肥大効果の検討

上記に記載がされている通り、通常のトレーニングを行うより、通常のトレーニングと一緒にEMSを多苗場トレーニング効果を最大限に発揮することができるため、EMSを有効活用することで
いままでのダイエットの何倍もの効率で体を鍛えならがやせることができるということになるのです。

効果検証について

科学的にしっかりと効果があるということはわかっていただけたとは思いますが
実際使ってみたらどんな感じになるのか気になると思いますので効果検証をしてくれた方の効果についてもまとめておきます。

はるむにさん
9月24日から10月24日までの結果 
体重44.2Kg→43.7Kg(-0.5Kg)
おへそ周り73cm→69.2cm(-3.8cm)

安いEMSパッドで腹筋を鍛えた1ヶ月、効果のほどを徹底レポート

効果としておへそ周りが1ヶ月で大きく改善されたという結果報告です。
ただ一ヶ月では体重は大きく変わらないという結果になっています。
この方の場合安いEMSでも充分に効果があったというのが結論になります・

この方は3ヶ月で充分な結果がでてますね。
お腹周りが非常にすっきりとしています。

引用:格安EMSベルトのダイエット効果検証結果!これだけで痩せるの無理だと思う!

こちらの方の場合もやはり体重という点では大きな変化はありませんでしたが
ウエストの数値の面で非常に効果を発揮しているということが効果検証としてわかっています。
そのため体重よりも見た目のお腹まわりを細くしたいという人には非常にむいているということがわかりますね。

口コミ・評判

次に実際使ってみた人がどんな効果があったのか、効果がなかったのかなど口コミや評判についてみていきます。

EMSをすることで筋肉痛になるという口コミです。
筋肉痛になるということは、やはり筋肉を動かしているということがよく分かる口コミです。
そのためある程度以上の効果を期待することができるという声でね

足用のEMSをつかった効果の感想になります。
筋トレの効果としては非常に期待ができるようです。体重は減らないのは脂肪より筋肉の方が重いということにあります。
将来的には体重も減ってくるはずです。

EMSと運動をかけ合わせると激的な効果を期待することができるという実際の声です。
やはりEMSををやるなら、一緒に運動をして効率よく筋肉を鍛えてダイエットにまでつなげていきたいですね。

EMSが一番本領を発揮する分野となる
リハビリの効果です。
麻痺がある人にとってEMSは非常に有用なものでもあるので、麻痺に悩んでいる人で使ったことがナイという方は一度ためしてみるといいでしゅう。

デメリット

  • 太っていると効果が半減する
  • 体重の変化を感じにくい
  • かぶれやすい
  • メンテナンスがめんどくさい
  • ながらEMSの効果はあまりない

太っていると効果が半減する

1番大きなデメリットは太っていると効果が半減してしまうという点ではないでしょうか?
効果として充分に期待はできるのですが、家庭用のEMSではどうしても筋肉までに届かないということがおこってしまいます。
そのため専門的なEMSの機器を使用することでこの点は解決することができます

体重の変化を感じにくい

EMSは筋肉の発達をサポートするアイテムです。
筋肉は脂肪より重く、筋肉が増えていけばその分増えていきます。
ですが先程の効果検証の通り、お腹周りがほっそりとしてくる効果の期待ができるため
見た目の上では充分に効果を感じることができるでしょう。

かぶれやすい

ジェルをぬってEMSは使用をしますが
そのジェルによってかぶれたり
長時間貼りすぎて、かぶれてしまうという声も少なくはないです。
そのため説明書をしっかり読んで、適切にEMSを使用するようにしましょう。
もしかぶれてしまった場合は皮膚科などに行き相談をしてくださいね。

メンテナンスがめんどくさい

EMSは一回やったら終わりではありません。
人によっては毎日使うという人もいるのではないでしょうか
そのため粘着力がなくなってしまったり、ジェルがなくなってしまったりとしてしまいます。
そして粘着部分にゴミなどがついてしまうと効果がおちてしまうため
なるべくキレイな状態で使うようにしましょう。

ながらEMSの効果はあまりない

EMSはテレビを見ながらとか、寝ながらすればお腹が細くなると思われがちですが
それだけで効果を期待するのは難しいです。
筋トレと一緒に効果をすることで、筋トレ効果を倍増させるといったアイテムだと認識してください。

メリット

  • 通常の筋トレの何倍の効果がある
  • コスパが良い
  • リハビリに非常に効果的

通常の筋トレの何倍の効果がある

一番のメリットは、何もつけないでやる筋トレよりEMSをつけてやる筋トレの効果が非常に高いという点にあります。
筋トレをせっかくするならEMSも一緒につけてやることで効果アップの期待ができるので
もしEMSをもっていて、最近使っていないという人は是非つかってみてください。
またEMSと筋トレの専用のジムとしてSIXPAD STATIONがあります。
お値段はそれなりにするので、お金似ゆとりがある人は是非検討をしてみてください。

コスパが良い

ジムに通ったはいいけど、途中でいかなくなってしまって無駄に月会費を払ってしまってることなんてありませんか?
家庭用のEMSの場合高いものでも4万前後で買えるため、年会費用よりは全然コスパがいいということです。
また途中でEMSに飽きてしまっても、払い続けなればならないなんてことがないのもいい点です。

リハビリに非常に効果的

整骨院や接骨院などでも活用がされているのはご存知ですか?
それだけEMSの効果は有効であることの証明の一つとなります。

使い方

EMSの使い方は間違って使用すると効果が半減してしまいます。
そのため効果を上げるためにも正しくEMSを使うようにしましょう。
各EMSによって使い方は若干のことなりがありますが、特に注意をするべき点を抑えて解説を行っていきます。

パッドの貼り方

EMSで注意するべき点としてパッドの貼り方に注意しましょう。
パッドはしっかりと肌に密着をさせる必要があります。
筋トレをしている際にパッドが剥がれたりしないようにしたりしてトレーニングをおこなうようにしてください。

仮に剥がれてしまったり。肌にちゃんと貼られていないと、EMSの効果をしっかりとだすことができないこととなってしまいます。

メンテナンスを行う

EMSは何度も使う機器になるため、メンテナンスはしっかりおこなってください。
特にパッドの粘着力は重要となるので、粘着力がなくならないうちにすぐに交換をするようにしてくださいね。
その他にも定期的に汚れがないかなど、EMSを使ううえで問題がないかなど確認して使うようにしてください。

効果的な使い方

  • 使用しすぎないこと
  • 刺激を増やしていく
  • 筋トレと有酸素運動を行う
  • 食事制限を行う

EMSの効果を大きく感じるためには上記の点を意識して使用するようにしてください。

使用しすぎないこと

どんなものでも使いすぎは体にとってよくありません。
筋肉は一度破壊されると回復をして、回復をするとさらに筋肉がおおきくなります。
そのためがんばりすぎてやるとオーバーワークになってしまうので、やるときはしっかりやる。休むときは休むという形でメリハリをもって使用をしてください。

電気刺激を増やしていく

人は少しずつなれていく生き物です。
筋トレもなれてくると今まで辛かった重さが重くなくなるという現象がありますよね。
EMSも同様で、同じレベルの刺激を続けるとだんだんなれてきてしまいます。
そのため少しずつ筋トレと同様に負荷[電気刺激]を増やしながら、効果を高めていってください。

筋トレと有酸素運動を行う

有酸素運動と筋トレを行うことで非常に効果の高い結果をえることができます。
そのためなるべくEMSをするときは、何かしらの運動を行うときにつけるようにしてください。

食事制限を行う

皮下脂肪があるとEMSの効果が半減してしまうため
なるべく皮下脂肪をへらすために食事制限もおこなってください。
ただし筋トレはしているため、筋肉を大きくするための栄養はとるようにするのもポイントです。

EMSの使える場所

EMSは基本的にどこでもつかうことができます。ただしメーカーによって部位ごとに発売がされているため、そのメーカーの説明書を読んで使用するようにしてください

腹筋

EMSといえばお腹にまくイメージをもつ方もおおいのではないでしょうか
腹筋に使うEMSは貼るタイプと巻くタイプで種類があり
あなたの状況にあったものをつかうようにしましょう

EMS美顔器という形で販売がされていることが多いEMSです。
顔に使うとハリやシワの改善効果の期待をもつことができます。

足専用のEMSは腹筋用のに比べ多くはありませんが、シックスパッドなどで発売がされています。
足の筋肉は非常に大きい筋肉になり、鍛えれば鍛えるほど基礎代謝があがります。

パーソナルジムでもスクワットなどをメインで行うのは基礎代謝を上げるのが大きな目的となり、ダイエット効果も大きく期待することができるでしょう。

消費者庁からの指摘

EMSと調べるとサジェストで消費者庁というキーワードが出てくることがあり、本当に大丈夫なの?って思う方もいると思います。
この消費者庁からの指摘は、EMS機器を販売している事業者に対して景品表示法に違反するということで措置命令がおりました。

消費者庁は、本日、EMS機器の販売事業者4社(以下「4社」といいます。)に対し、4社が供給するEMS機器に係る表示について、それぞれ、景品表示法に違反する行為(同法第5条第1号(優良誤認)に該当)が認められたことから、同法第7条第1項の規定に基づき、措置命令を行いました。

EMS機器の販売事業者4社に対する景品表示法に基づく措置命令について

指摘されたEMS事業者

上記の事業者が消費者庁から指摘を受ける結果となりました。
原因は、ウエスト○センチだったものが○センチになったといった表記を行い、あたかもEMSを使ったことにより痩せたように見えるということ。

これらの表示の裏付けとする資料の提出もしたのですが、その資料はいずれもこのEMSが合理的根拠を示す資料にならなったことが原因となります。

また打ち消し表示もしていはいたのですが、一般ユーザーからしてそれらの表示を打ち消す認識にはならないとして却下されています。
そのため。実際のものよりも著しく優良であると見せてしまったことで指摘を受けています。
結論としては効果がないのではなく、効果以上に見せてしまったという点に問題があります。

文字だけではよくわからないという方向けに画像をつけておきます
下図のような表記の仕方がされている
ただこのような形でPRをしている事業者はけっこう多いので、判別が難しいですよね

顔用EMSの効果(EMS美顔器)

EMSが筋トレと一緒に行うことで協力な効果があるということはわかりましたが
顔用のEMSの効果はちゃんとあるのか気になりますよね。
顔に使うEMSはEMS美顔器と言われます。
顔の筋肉を普段あまり使えていないという人には非常に効果があり。下記のような効果が合った口コミがあります。

重さより筋肉が重要になる良い例です。

美容効果について

顔用のEMSを使用した際に期待することができる効果は、ほうれい線やしわ対策として有効です。理由としては顔用のEMSを使用することで表情筋にアプローチされることでハリがでてくるようになります。
その他にも頬など年数ともにたるんできてしまいますが顔用のEMSを使えば引き締め効果を期待できます。

低周波治療器とEMSの違い

低周波治療とEMSを混同されますが、低周波治療器は感覚神経などに使用がされ筋肉疲労の回復を目的としてつかわれます。

低周波治療は、電流の刺激によって、運動神経だけでなく感覚神経などにも働きかけ、筋肉疲労の回復や疼痛緩和を目的に用いられます。
EMSは電流の刺激によって筋収縮を起こすことで、筋力の増強を目的に用いられます。

筋肉速回復

本格的なEMSトレーニングができる店

おすすめのEMS

まとめ

今回はEMSについて紹介をさせていただきました。
EMSについて紹介をさせていただきました。EMSは正しく使えば非常に効果のある機器です。
運動をしながらEMSをつかって効率的にダイエットをしていきましょう。