ダイエット

ポテトサラダは太りやすい?その理由を解説!

お子様も大好きなポテトサラダ。
サラダと名前がついているので、ダイエットにいいのでは!?と思いますよね。
でも要注意!実は結構高カロリーなのです。
この記事では、その理由を詳しく解説します。

ポテトサラダは「太ります」

先に結論を述べてしまいますが、ポテトサラダは太ります。
腹持ちもいいので少しの量でおなかがいっぱいになり効率がよさそうに感じますが、実は高カロリーの食べ物なのです。

ポテトサラダはサラダではない

ポテト「サラダ」と名前がついているためヘルシーな食べ物だと勘違いしてしまいがちですよね。私もその一人でした。

ですが、ポテトサラダにはマヨネーズが使われています。
このマヨネーズがなにより高カロリーにさせている原因なのです。

マヨネーズのカロリーをご存じでしょうか?
マヨネーズは、100gあたり約800カロリーもあるのです。

ご家庭により調味料の量は異なると思いますが、ポテトサラダには結構な量のマヨネーズを使用します。そうなると、カロリーもその分増量してしまいます。

ポテト(じゃがいも)も理由の一つ

ポテトサラダが高カロリーとされている理由はマヨネーズ以外にも理由があります。

それは、主原料になっているじゃがいもです。

じゃがいもは、血糖値を急激に上昇させる作用があります。

血糖値が上昇すると、それを抑えようとしてインスリンという物質が分泌されます。このインスリンが脂肪の蓄積を促進してしまうため、結果太りやすくなってしまうという流れになります。

炭水化物は血糖値を急激に上げやすい食材です。
そしてなんとこのじゃがいもは、白米よりも血糖値を急激に上げやすい食材なのです!

血糖値の小話

炭水化物が体に吸収される速度を表す数値をGI値と呼びます。このGI値が高いほど血糖値の上昇が激しく、低いほどゆるやかに血糖値が上がります。

よく食べられている食材で比較してみました。

食パン 91
じゃがいも 90
白米 81
にんじん 80
レタス:23
トマト:30

じゃがいものGI値の高さが一目瞭然ですね。
ですが、この血糖値は食材の食べる順番によってコントロールすることができるので、心配しなくて大丈夫です。

GI値の低いサラダやお味噌汁などから食べることにより、急激な上昇を抑えることができるので、毎食意識をして食べるようにしましょう。

それでもポテトサラダが食べたい!

お子様も大好きなポテトサラダ。
私もマヨネーズたっぷり入れてハムときゅうりと…考えるだけでおなかがすきます。

そうです。我慢する必要はありません。
少し工夫するだけで、かなりカロリーを抑えることができます。

マヨネーズを減らす

これが一番です。

今は低カロリーのマヨネーズも販売されているため、どうしてもマヨネーズを入れたいという方には最適かもしれませんね。

マヨネーズをいれずに作る

え!?ポテサラなのにマヨネーズをいれないの?
と思った方もいると思いますが、実は意外といろいろなアレンジ法があります。

・梅酢を使ったポテサラ
・マヨネーズの代わりに牛乳や豆乳を入れる
・マヨネーズの代わりにヨーグルトを入れる  など

実は意外といけちゃいます!
また、野菜をたっぷり入れてじゃがいもより野菜の比率を多めにしたり、お豆腐を混ぜてコクを出してみたりと、様々なバリエーションがあります。

ポテトサラダを食べたいけどカロリーが気になる…という方は、ぜひ一度試してみてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?

私もポテサラは大好きなので、なるべく低カロリーのマヨネーズを選んだり、野菜を多めにしたり、最初に食べたくても最後のほうに食べたりと試行錯誤しながら楽しく食事をしています。

高カロリーの食べ物でも、少し工夫をすれば我慢することなく食べられるのはうれしいですよね。