生活

サウナのデメリット!脳に悪いからやめた声から整うのが危ない理由を解説

サウナは人気の施設の一つですが、健康になるために通う人から、スッキリするといった理由から通う人など多くの理由でサウナに通う人がいます。
今回はそんな人気のサウナのデメリットについて解説をさせていただきます。

サウナのデメリット

サウナのデメリットはいくつかあるので頭の中にいれておきましょう。

  • 脳梗塞になる可能性
  • 倒れることもある
  • 脱水症状になる恐れ
  • 健康・体に悪い
  • 眠くなる・体力を使う
  • 汗かきになる

脳梗塞になる可能性

サウナの一番のデメリットとしては脳梗塞になる可能性を高めるというところです。
血管年齢がある程度健康の人の場合はそこまでリスクはないのですが、血管がカチカチだったり血液がドロドロなんて人場合血栓をわざわざ自分から作りにいくようなものです。

わざわざ自分からそのリスクを作りにいくことがサウナなので、その覚悟がある人はどうぞいってください。といった声がありますね。

脳に悪いからやめた声

脳に悪いからサウナをやめるようになったという声として
脳は脳梗塞のリスクがあることからサウナに行くのは辞めたという声があります。
特にサウナにいって倒れてしまった人脳梗塞を起こしてしまった人はサウナでこりているようです。

倒れることもある

急激な温度変化を体験することになるので、その気温差で倒れるという人もいます。
立ちくらみがしやすい人は要注意するようにしましょう。
めまいなどで倒れることもありますが、前述した脳梗塞で倒れるといった人もいます。

脱水症状になる恐れ

サウナに入れば、汗をたくさんかきます。
知らないうちにたくさん汗をかいて、しらないうちに脱水症状に、、なんてこともあるので
サウナに入るなら水分補給はしっかりとるようにしてください。

健康・体に悪い

サウナはスッキリするといった意見もありますが総合的に考えると体に不可を与えているだけであり
体をびっくりさせていることから、健康的ではないし、体にはよくないということがわかります。

ただスッキリはするという意見もあるので、サウナは健康的につかうというより
タバコのようにリフレッシュの一つとして使う意識をするといいでしょう。

眠くなる・体力を使う

サウナの場合、けっこう体力を使います。
温度差にやられて、一度はすっきりしますがその後どっと疲れてしまう方もおおいのではないでしょうか?

朝からサウナにいったりするのは、その後の予定を考えて行くといいでしょう。

汗かきになる

新陳代謝があがるため、汗がでやすくなるのも特徴のひとつです。

汗をかきやすい体質になるのは人によってはけっこうなデメリットです。
代謝があがるのはメリットではありますが
入りすぎたことによって汗が異常に出やすくなったということもあるので注意しましょう。

サウナのメリット・効果

デメリットばかり紹介しましたが、サウナには一応プラスとなる効果もあるのでそれを紹介していきましょう。

  • スッキリする
  • メンタル面の向上。
  • 睡眠の質が向上する。
  • 代謝がUPする

サウナのメリットとしてこれらのことが挙げられます。

その他にも集中力がUPしたりアイデアがひらめくといったものもありますが
人によってはその後の疲れから集中力が落ちてしまい、眠くなってしまうこともあるかもしれないのでなんともいえないところですね。
気持ちがいいのだから、その辺の効果メリットなんて気にしないという人にはちょうどよさそうです。

その他にも代謝がUPするので、ダイエットには向いていいます。
ただサウナにいって体重は落ちる、落とすものではありません。
仮にちょっと体重がおちていたとしてもそれは水分がぬけたことによって体重が減ったようにみえるだけなので
サウナでダイエットをするというのは難しいでしょう。
サウナで痩せるというのは代謝がUPしたことにより痩せやすくなる体質になってきているといったメリットになります。