美容

ボタニストがやばい!はげる・抜け毛が増えた声の理由について解説!カラーが入らない原因も

ボタニストやばい

市販のシャンプー・トリートメントの中でも、かなり有名な「ボタニストシリーズ」ですが、ボタニストと検索をすると「やばい」というワードも同時にヒットします。

実はボタニストには、やばいといわれる理由がいくつかあるのだとか。シャンプー・トリートメントは毎日使用するものですから、できれば安心して使えて効果が期待できるものがいいですよね。

そこで今回は、ボタニストシリーズの成分や価格、やばいといわれている理由、使い方のポイントなどをご紹介します。

正しい使い方や選び方を知って、自分にあったシャンプー・トリートメントを選べるようになりましょう。

ボタニストがやばい理由

特に若い世代に大人気といわれるボタニストシリーズですが、不評なポイントもあるようです。

どんな優れたものにも至らない点はあるもの。ここではボタニストシリーズで不評といわれている点をご紹介します。

はげる・抜け毛が増える可能性について

ボタニストを使うと禿げやすくなるということはありません。

むしろ、他の市販シャンプー・トリートメントよりは髪や頭皮にいい成分を配合しているので、ダメージは少ないと考えられます。頭皮や髪の健康を整える効果は期待できるでしょう。

ただし、残念ながら発毛効果までは期待できません

髪質に合っていないとベタベタした仕上がりに

補修成分、保湿成分もたっぷりと配合されているボタニスト。

商品のタイプによって、配合されている成分は少しずつ違います。例えば細い毛の人、毛量が少ない人がしっとりするタイプの商品を使うと、ベタベタした仕上がりになってしまいます。
ボタニストシリーズは、髪質に合ったラインナップを使用することが重要ですね。

カラーやパーマの入りが悪くなることも

しっとりとした使用感が特徴のボタニストですが、使っているとカラーやパーマの入りが悪くなるといわれているのだとか。

その理由は、髪をしっとりさせるための「高濃度のシリコン」が髪に残っていることによるベタベタ感です。すすぎが甘かったり、トリートメントをつけすぎてしまうと、成分が髪に残ってしまうことがあるので要注意です。

匂いに敏感な人には匂いがきつく感じる

基本的に、ボタニストシリーズはいい匂いといわれています。

ただし、人によっては匂いがきついと感じることもあるとのこと。ボタニストシリーズの匂いはさほど長持ちする効果はありませんが、使用直後は比較的香りを強く感じます。

敏感な人には匂いがきつく感じてしまうこともあるでしょう。

ボタニストの使い方のポイント

やばいといわれるボタニストシリーズでも、使い方次第では最高の効果を発揮することができるんです!

ボタニストの自分にぴったり合った使い方を見つけてみましょう。

自分の髪質に合ったシリーズを使う

ボタニストシリーズには、シャンプー・トリートメントそれぞれ5種類のラインナップが存在しているとのこと。スカルプクレンズ・バウンシーボリューム・ダメージケア・スムース・モイストの5種類です。

自分の髪質をしっかりと見極めて、自分の髪に合ったシリーズを選びましょう。また、髪だけでなく頭皮のコンディションやタイプを見極めておくとさらに選びやすくなりますよ。

 シャンプーとトリートメントの組み合わせを変える

モイストシリーズをライン使いしていたらベタベタするけど、他のラインナップをライン使いするとパサパサする…という方もいるのではないでしょうか。

そんな時は、シャンプーとトリートメントのラインナップを変えてみるのもおすすめです。トリートメントだけスムースにしてシャンプーはモイストのままにするなど調整してみると、またさらなる効果を実感できることでしょう。

トリートメントを使ったらよくすすぐ

何より1番大事なのは、トリートメントの後によくすすぐこと。特に保湿成分が多く配合されているシリーズは入念にすすぐ必要があります。

髪に害のある成分は残さないように、ちょっとすすぎすぎかなと思うくらい流すようにしてくださいね。

 ボタニストについて

ボタニストは、ナチュラルさとテクノロジーを兼ね備えたライフスタイルブランドとして2015年に誕生しました。

「本当に必要なものとシンプルに生きること」「植物を育てるように、心と体をいたわり、毎日をほんの少していねいに過ごすこと」をコンセプトにしています。植物由来の成分を配合したヘアケア・スキンケアシリーズが人気を博しています。

成分や価格

厳選した植物由来の洗浄成分を使用し、髪と頭皮の潤いを守りながら洗うことができるのが特徴。他の市販シャンプーと比べても、頭皮や髪に対する負担を抑えられるでしょう。

オーガニックシャンプーと間違われることもありますが、安心安全なオーガニック製品かといわれるとそうではない商品に含まれます。

日本ではオーガニック製品の明確な基準が設けられていないので、少しでも植物由来成分を含んでいれば「オーガニック」と謳えるのです。本物のオーガニック製品には海外の認証マークがついているので、チェックしてみるといいでしょう。

価格帯は市販のシャンプー・トリートメントの中では高価で、シャンプー・トリートメントのセットで3000円(詰め替え用は2600円)ほどかかります。

なぜ大人気と言われているのか

人気の理由としては、成分が他の市販シャンプー・トリートメントに比べても優れていること、質に対してのコストパフォーマンスがよいこと、豊富な商品ラインナップなどが挙げられます。

特に商品ラインナップについては、髪の悩み別に選べる5タイプがあるのだとか!シャンプー・トリートメントそれぞれで、違うタイプのものを組み合わせて使ってみてもよいそうですよ。

まとめ

ボタニストシリーズは正しい使い方をすれば、様々な髪の悩みに対応できる万能なシャンプー・トリートメントだといえるでしょう。

デメリットや不評なポイントはありますが、ちょっとした使い方のコツで解決できるものばかりです。

さまざまなメリットのあるボタニストシリーズを使って、誰もが憧れる美髪を手に入れましょう。