ジム

運動するとメイクが崩れる…。運動中の化粧はあり?崩れにくいメイクをご紹介

運動中も綺麗でいたい女性は多いのではないでしょうか。
いくら運動が目的だとは言っても、ジムなどでは不特定多数の人たちとの接触があるため見た目を気にしてしまうものですよね。
なるべく化粧崩れなく運動がしたい方、この記事を参考にしてくれると幸いです。

化粧をしたままの運動は?

さて、化粧をしたまま運動することはどうなのでしょうか?
もちろん化粧をせずに運動することは肌にも負担をかけませんし、汗で崩れてしまう心配もないため一番良いこととはいえるでしょう。

運動中は代謝もあがるため、汗の分泌量もあがります。
汗で化粧が崩れないように、強めのファンデーションや下地などを使いがちです。そうなると、ファンデーションや皮脂が毛穴を防いでしまい、毛穴がふさがってしまいます。このことで、毛穴汚れや、ニキビなどもできやすい状態となり、肌トラブルの原因になってしまいます。

運動中の化粧崩れには

それでもすっぴんは嫌だ・・・という方も多いですよね。
肌の負担はひとまず置いておいて、汗をかいても崩れにくい方法を紹介します。

保湿を忘れずに!

保湿は何より大切です。肌のバリア機能を高めてくれるほか、肌の基盤が整っていることで、ファンデーションなども肌にのりやすくなります。

冬は乾燥しがちだから入念に保湿する!という人が多いと思いますが、季節に限らず1年を通して保湿はしてくださいね。

皮脂の分泌を少しでも減らす

お化粧が崩れる原因は、汗だけではなく毛穴から分泌される「皮脂」にも原因があります。特にTゾーンは多く分泌してしまう箇所でもあります。
おでこ、鼻、頬には、皮脂の吸着効果があるパウダーや下地を使うのがより効果的です。

ウォータープルーフを使用する

せっかく綺麗にお化粧しても、汗で崩れてしまうのは悲しいですよね。
なるべく薄い化粧をすることをおすすめしていますが、どうしてもばっちりに仕上げたいという方には、汗や水で濡れても落ちにくい「ウォータープルーフ」タイプのメイク用品をおすすめします。
特にアイメイクは、マスカラなどが落ちてしまいパンダ目になってしまうことが多いと思うので、ウォータープルーフタイプのメイク用品の使用をおすすめします。

濃くしない!だけど綺麗な素肌に

濃いメイクをすればするほど化粧崩れが目立ってしまいます。
なるべく薄いメイクをすることを意識してみるとよいでしょう。
それでも気になる箇所は出てくると思いますので、そこはポイントメイクでカバーしましょう。

落ちやすい部分はティントタイプで

最近よく話題となっている「ティント」。皆さんもご存じかと思います。
このティントタイプのメイク用品は、唇や眉そのものを染めることで密着性を高め、落ちにくいという仕様になっています。

やや乾燥してしまうのが難点ではありますが、ケアリップなどと併用して使うと潤いも保てます。
特に眉毛は汗や、汗を拭いたときに取れやすくなってしまうのでティントタイプの眉マスカラやアイブロウを使うことをおすすめします。

崩れにくいメイク方法をご紹介!

ここでは、ポイントごとに崩れにくいメイクをご紹介します。

参考にしてくれたらうれしいです。

ベースメイク~下地

いかに崩れにくいメイクをするかは、このベースメイクで決まるといっても過言ではありません。まずは保湿をしっかりとします。そして、下地やファンデーションをしっかりと塗りましょう。
下地やファンデーションは、汗や水で崩れにくいものを選びましょう。

現在では、化粧くずれ防止スプレーというものが販売されていますので、そちらもメイクの最後に使用するとより効果的です。

眉毛

眉毛は頭や顔にかいた汗の影響を一番受けやすく、一番崩れてしまいがちな場所です。そのため、眉毛はティントタイプを使用することをおすすめします。

ナチュラル系からしっかり系まで幅広く販売されているので、自分のなりたい眉毛に合わせたものを購入するといいかと思います。

中には、かゆくなってしまったり赤みが出たりとティントタイプが合わない方もいると思います。
そのような方は、ウォータープルーフタイプを使ってみてください。
少しの汗では落ちにくいため、比較的綺麗に保つことができると思います。


アイブロウはかさばらないので、いざ汗で落ちてしまってもすぐに直せるように持ち歩くのもいいですね!

アイメイク

コロナ禍の今、マスクをしていると余計に目元を意識してしまいがち。
逆を言えば目元さえしっかりしておけば、あとは隠れているためそこまで気を配ることもないのです。

シンプルにアイラインとマスカラのみが一番崩れにくくはありますが、アイシャドウなども軽くのせるとよりインパクトは増すと思います。

もちろん、アイライナーやマスカラはウォータープルーフタイプを選びましょう!崩れやすい目じりは、できるだけ薄くすることを意識してみてください。

リップ

唇は汗の影響を受けにくい場所ではありますが、水分補給の際や汗を拭いた時などには落ちてしまいがち。

唇こそティントリップをおすすめします。
ただ、とても乾燥してしまうため、ケアリップを下地または最後につけるのがおすすめ。
また、リップコートという、塗ったリップを落ちにくくさせるような商品も販売されています。

なるべく保湿成分の多いものを選ぶことと、リップコートを使って少しでも崩れにくくするのがおすすめです!

なるべく素肌のままが大事!

何より大切なのは、素肌を守ること。

保湿をすること、肌に負担の少ないメイク用品を用いること、ポイントメイクのみで仕上げること。
これらを意識するだけで肌への負担も少なくなります。

そして何より重要なのは、

なるべく早くメイクを落とすこと!

そのまま寝てしまう、なんて言語道断です。
トレーニングが終わったら、まずはメイクオフをしましょう。
そのあとの保湿も忘れずに!

まとめ

いかがでしたか?

現在はマスクを着けて運動する方が増えたと思います。
逆にそれを利用して、アイメイクだけしてみるのはどうでしょうか?

隠れている部分は、少し肌を休ませてあげるのもいいかもしれませんね。