ジム

ジム初心者が恥ずかしいと思う時のシチュエーション

ジム初心者は恥ずかしいと思う気持ちがあって思い切って器具を使ってりすることができないという人がいます。
今回はなぜジムの初心者の人が恥ずかしいと思うのか事例を紹介します。

ジム初心者が恥ずかしい理由

ジム初心者が恥ずかしい理由として以下の理由があります。

  • 一人が恥ずかしい
  • 体型が恥ずかしい
  • 器具の使い方がよくわからない
  • 筋トレのフォームが変かもしれない
  • 体力がない
  • 他人に見られている気がする
  • 体のラインを見られたくない
  • マナーがよくわからない
  • 服装がダサくないか気になる

一人が恥ずかしい

ジムが恥ずかしいと思われる理由として、根本的に一人でジムに行くことが恥ずかしいという方がいます。
特に一人でご飯を食べに行けない人や一人で行動をしているのがなんか恥ずかしいと思う人が多い印象があります。

このようになんとなく一人でジムに行くというのがなんか恥ずかしいという考えがあります。

一人で行くことがなんか恥ずかしいと思う人は、少し自意識が強いのかもしれません。基本的に他人はそこまで他人に興味なんてありません。例え何かを思われていたとしても、それが自分にとって何か害があるわけではありませんので、特に気にせず一人で行動をした方がいろいろと人生観的に楽になるかもしれませんね。

体型が恥ずかしい

デブで恥ずかしい

体型が太っていると、周りから太っていると思われているのではないかと恥ずかしがるということがあります。
ただ痩せるために効率的に痩せるならジムやパーソナルジムに通うのがベストです。
どうしても恥ずかしいという場合は個室でトレーニングができるパーソナルジムなどがおすすめです。

ガリガリで恥ずかしい

太いと恥ずかしいと思うことは王道ではありますが、痩せ過ぎていても恥ずかしいと思う人はいます。
痩せ過ぎていてコンプレックスを持つ人も結構いるのを覚えておきましょう。

ジムで恥ずかしいのはデブだけではないということですね

器具の使い方がよくわからない

ジムの場合専門的な機器がいくつもあり、どうやって使うのが正しいのかわからないなんてことがあります。
そのため使い方がわからずもたもたしていたり、間違った使い方をしていたら恥ずかしいと思う人もいるでしょう。

筋トレのフォームが変かもしれない

筋トレジムには、筋トレを専門家レベルで詳しい人がいます。
そんな人から見て、筋トレのフォームを見られていたら自分の筋トレフォームはおかしな所がないのかなど気になってしまう方もいるようです。

体力がない

ちょっと筋トレしたり有酸素運動をしたら、バテてしまってゼーゼーしている姿をあまり見られたくないと思う人もいます。
体力をつけるためにもジムはあるので、無理ない程度にジムで体力をつけていくといいでしょう。

他人に見られている気がする

他人の目がきになるタイプの人がいます。
ただそこまで他人はあなたに興味がない可能性が高いので気にせずにジムに行きましょう。

体のラインを見られたくない

自分の体のラインがあまり見られてくないという人は、少し大きめの服をきたりして体のラインを隠して運動をするといいでしょう。

マナーがよくわからない

ジムには器具を使った後にきれいに拭いたりしなければならないなど、ジムによってはそれらの注意書きが書かれてたり、書かれていなかったりします。
器具を独占しなかったりしなかったり、迷惑をかけないように、人ととして最低限の節度を守って使えばそんなに気にする必要はありません。
あとは、最近の場合は新型感染症の影響もあるので基本は喋らないようにしましょう。
友達と来て、ダラダラと器具を使っているのは嫌な顔をされます。(個人的にダラダラ器具を使っている人は少し迷惑に思います。)
とりあえず不安だったらスタッフの人にジムのルールを聞いておけば問題はないでしょう。

服装がダサくないか気になる

自分のファッションセンスが気になるというパターンです。
ただそこまで皆さん服装に気を使っているわけではないので、動きやすい服装でくればいいと思います。