生活

買ってはいけない歯磨き粉|危険ランキング!安全な歯磨き粉も紹介

歯を磨くときに必ずといっていいほど使う歯磨き粉ですが、買ってはいけない危険な歯磨き粉があることをご存知ですか?今回はかってはいけない歯磨き粉について紹介をさせていただきます

買ってはいけない歯磨き粉

おすすめしない歯磨き粉は以下の通りです

ガードハロー

ガードハローは価格も安いため、歯磨き粉ならなんでもいいという人は購入をしてしまうかもしれませんがあまりおすすめしない歯磨き粉の一つです。
理由としてガードハローはフッ素が配合されていて発砲剤にラウリル硫酸Na、香味剤にサッカリンナトリウムを使用しています。
フッ素はどの歯磨き粉にも多く使われている成分ではありますが、癌や脳の損傷などを引き起こす危険性があるといわれていて、ガードハローのフッ素は割安で使われていることから成分に不安が多くあります。
もう一つのラウリル硫酸Naは口内粘膜から吸収され、味覚障害や皮膚障害などのアレルギーの原因の一つとして挙げられています。これらは合成界面活性剤の一種で刺激のつよいスッキリしたものに多く使われます。

サッカリンナトリウムは発がん性があることがあるといわれていて、甘さをだすために使われる成分です。特に子供用の歯磨き粉に多いので注意したい成分です

GUM(ガム)

GUM(ガム)には香味剤にサッカリンナトリウムを使用してるので注意したい歯磨き粉の一つです。

買ってはいけない歯磨き粉の特徴

  • 合成界面活性剤が配合されている
  • サッカリンナトリウム配合
  • 研磨剤が含まれている
  • 顆粒入りの歯磨き粉
  • ホワイトニング効果がある歯磨き粉
  • 味が強すぎるもの
  • 知覚過敏用のもの
  • フッ素濃度の高い歯磨き粉

合成界面活性剤が配合されている

合成界面活性剤にはラウリル硫酸ナトリウムが使用しされていて、前述したように口内粘膜から吸収がされ体の中でどんどん蓄積をしていくといった恐ろしい特徴があります。
この蓄積により味覚がおかしくなったりアレルギーを引き起こす原因になる可能性がありなるべく使用をしないことがおすすめの成分です。
ただこの合成界面活性剤であるラウリル硫酸ナトリウムが使用されていると、非常に泡立ちがよくなるので洗ったきもちになってしまい、ちゃんと磨けていないなんてことも考えられます。

サッカリンナトリウム配合

サッカリンナトリウムは発がん性の危険性があるといわれている成分の一つです。これは甘みをだすためにつかわれている人口甘味料となり砂糖の500倍もの甘みがあるといわれます。
子供用に歯磨き粉に多く使われているため、お子さんにはあまり使わないようにすることがおすすめです。

研磨剤が含まれている

研磨剤はどの歯磨き粉にも使用がされていて、着色汚れなどをきれいにする歯磨き粉に多く使われています。
これは歯のエナメル質を傷つける成分となり、大量に使ったり使用期間がながければ神経に影響がある可能性があります。

顆粒入りの歯磨き粉

顆粒入りの歯磨き粉はよく見かけますが、あまりおすすめしない歯磨き粉の一つになります。
顆粒があるときれいになるイメージがありますが歯を磨いたあともこの顆粒が歯周ポケットに残ってしまい炎症を起こしたり最近が侵入してくる可能性があります。
そのためあまり使用をしないことがおすすめです。

ホワイトニング効果がある歯磨き粉

歯磨き粉でホワイトニングができるなら購入したくなりますが、使用することはあまり推奨されていません。
これらホワイトニング効果のある歯磨き粉の多くは研磨剤が使用されているため、歯のエナメル質を傷つけます。
エナメル質が削れてしまうと、逆に黄ばんで見えるようになったり、知覚過敏にもなる可能性があるので注意をしてください。

味がある歯磨き粉

味が強い歯磨き粉には注意をしましょう。歯磨き粉の味が強すぎるものには人口甘味料など体に悪い成分ある場合やミントが強すぎて歯を磨けないなんてこともあるかもしれません。

知覚過敏用のもの

知覚過敏用の歯磨き粉も魅力的な訴求の歯磨き粉ですが、歯磨き粉によっては口の中が荒れてしまったり痛みがある場合があります。
なるべく染みないように硝酸カリウムが使用されている歯磨き粉を使用しましょう。

フッ素濃度の高い歯磨き粉

子供の場合特に注意してほしいのがフッ素濃度の高い歯磨き粉です。
フッ素濃度の単位はppmで表記がされ濃度が高いと虫歯の予防効果が高いともいわれるのですが。子供の場合フッ素化物を摂取するとと歯に褐色の染みや斑点が現れたりするリスクがあります。
厚生労働省が推奨するフッ素濃度は2歳までは500ppm、3歳から5歳は500ppm、6歳から14歳は1000ppm、15歳以上なら1000~1500ppmが推奨されています。

歯磨き粉の成分の危険ランキング

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • 無水ケイ酸、炭酸カルシウム
  • サッカリンナトリウム
  • フッ素

成分としてこれらのものが入っている歯磨き粉には注意するようにしましょう。