美容

ハーブピーリングは効果なしの理由、ニキビ跡から毛穴の跡改善について解説

ハーブピーリング

最近では、天然由来の成分を用いて肌細胞を活性化させるハーブピーリングが人気ですよね。針成分を毛穴に入れ込むことで、肌の内側に直接働きかけるので効果も高いといわれています。

でも、頑固なニキビ跡が全然なくならない、毛穴の開きもとくに変わらない…など、ハーブピーリングの効果がないという声もあるようです。

そこで今回は、ハーブピーリングで得られる効果や、いっぽうで効果がないといわれる3つの理由をご紹介したいと思います。ピーリングで満足のいく美肌を手に入れるためには、自分に合った成分を選ぶことも大切ですよ。

ハーブピーリングの効果がない3つの理由をご紹介

ハーブピーリングの効果が感じられないという声もありますよね。おもな3つの理由をみていきましょう。

ダウンタイムの症状が強くでている

ダウンタイムとは、施術してから元の状態に戻るあるいは改善されるまでの時間をいいます。ハーブピーリングのダウンタイムでよく見られる症状には、赤みやヒリヒリ感、むくみ、剥離などです。人によっては症状がひどく長期間にわたるので、効果が感じられないこともあります。

ハーブピーリングには、剥離アリの施術と剥離ナシの施術があります。剥離アリの場合は、棘状成分がありハーブの粒子も大きいため、人によっては肌への刺激が強くなります。肌に低刺激の剥離ナシの施術を試してみるとよいでしょう。

保湿や紫外線対策が不十分

施術をおこなったあとは、肌のバリア機能が低下しています。普段よりも乾燥しやすい状態になるので念入りに保湿しましょう。

紫外線対策も重要です。とくに剥離している肌が日焼けをしてしまうと色素沈着の原因になります。また、大量の汗をかくのも肌への刺激になるので、日差しが弱い冬の時期がおすすめです。

成分が自分の肌に合っていない

ハーブピーリングでは、植物由来のハーブや海藻由来のミネラルの成分が含まれています。効果が得られない、あるいは肌の状態が悪化してしまう場合には、成分が合っていないのかもしれません。どんな成分が含まれているかよく確認してみましょう。

天然成分は肌に優しいイメージがありますが、アレルギーを起こしやすい成分でもあります。また、妊娠中や授乳中なども避けたほうが無難です。

ハーブピーリングの効果

一般的なホームケア用ピーリングが肌表面の古い角質の剥離を促すのに対して、ハーブピーリングは肌の内側からアプローチして細胞を活性化させます。ニキビ跡や毛穴の跡など、さまざまな肌トラブルに効果がありますよ。

ターンオーバーを促してニキビ跡を改善

ニキビ跡にはクレーターや赤み、色素沈着などさまざまな症状があります。クレーターは肌の深部にある真皮層の傷、色素沈着は真皮層にあるメラミン色素が原因です。また、赤みはまだ皮膚組織に炎症が残っている証拠です。

つまり、一般的なピーリングで肌表面を剥離してもニキビ跡をなくすことは難しいのです。赤みがある場合はかえって刺激にもなりやすくニキビがひどくなることもあります。ですから、肌の内側からターンオーバーを促すハーブピーリングが効果的です。

毛穴の汚れを除去して毛穴レスになる

毛穴が目立つのは、過剰に分泌された皮脂やハリ・弾力を失った肌が原因です。ハーブピーリングでは表面の古くなった角質や皮脂の除去だけでなく、新しい肌細胞を生成することで肌のキメを整えることができます。また、皮膚が正常な厚みになり、ハリや弾力も生まれます。

美肌効果

ハーブピーリングはニキビ跡や毛穴跡以外にも、シワやシミ、くすみ、リフトアップなどにも効くのでアンチエイジングにもおすすめのピーリングです。ハーブピーリングで使用される棘状成分は、肌内部のリンパや筋肉にも作用するからです。法令線や頬のたるみを改善したい人は、ミネラルを多く含んでいるものを使用するとよいですよ。

ハーブピーリングの効果をアップさせる

ここでは、代表的なハーブピーリングの成分や特徴をご紹介します。ご自身に合ったものを探してみてくださいね。

トラブル肌の改善にグリーンピール

ハーブピーリング発症のメーカー。スピルナやパンジー、アロエなど100%天然成分でつくられている。施術中はピリピリとした痛みと施術後に剥離アリ。専用の化粧品でアフターケアが必要。

日本人の肌向けに開発ハーバルピール

グリーンピールの粒子を細かくして日本人の肌向けに改良したもの。主成分は天然海藻成分と生薬複合成分。多少の痛みと剥離アリ。専用の化粧品でアフターケアが必要。

ニキビ肌や美肌対策に特化FCRトリートメント

美容大国の韓国で開発されたピーリング。海水海綿体(スポンジア)が主成分で10種類以上のハーブと美白効果のアルブチン配合。翌日からメイク・洗顔OK。

剥離ナシで低刺激バイオプランタトリートメント

2種類のミネラルと5種類の天然植物成分からつくられています。剥離のない穏やかなピーリングなので初心者におすすめ。ダウンタイムもないので、施術後のメイクや洗顔もOK。

まとめ

ハーブピーリングは肌トラブルに効果があります。一般的なピーリングが肌の角質を剥離するのに対して、深部にある真皮層にアプローチするからです。肌の内側からターンオーバーを促して肌細胞を新しく生まれ変わらせるのです。ニキビ跡や毛穴の悩みだけでなく、シミやシワなどのアンチエイジングにも効果を発揮します。

ハーブピーリングは効果がないという声も確かにあります。でも、使用されるピーリング成分はさまざまなので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。ダウンタイムやアフターケアが心配なら低刺激のハーブピーリングから始めるとよいですよ。